ブログFC
孤独な日記。回顧録。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人孤独にビリヤード
数年前にビリヤードを始めました。
最近では一人で店に行くのもすっかり慣れ、もっぱら一人で撞いています。

ビリヤードって一人客の場合、見知らぬ客どうしでプレーする風習みたいのがあります。
一人で来てる客同士がゲームをやるために「一緒にどうですか?」みたいな感じで誘ったりって感じで。
それを相撞き(あいづき)っていいます。

でもね、私はこれまで一度だけ誘われたことがあるだけでここ数年は全くなし。
昨日も店に行ったら一人で来てる人が自分を入れて3人いたんだけど
気がついたらその2人で相撞きを始めてました。

きっと俺は話かけにくい雰囲気があるんだろうな。
よくいくこの店も、通いだしてから3年くらい経つけど1回も声をかけられたことがない。
かといって自分から声をかける勇気もない。

ビリヤードやる人って個のイメージがあるんだけど、その場でもさらに個になってる感じがしますw
これは抜群にうまくなるしかないのかな。






スポンサーサイト

テーマ:ビリヤード - ジャンル:スポーツ

電車の中
最近また私の隣が空席になることが目に付いてきた。

私の隣って座りたくない何かがあるんだろうか。







その昔、会社の同僚に言われたことがある。

「○○(私の名前)ってさ、地獄の黙示録に出てるカーツ大佐に似てるよね。」

「雰囲気っていうかカリスマ性みたいのがさ。」





帰って映画を見て愕然とした。

カーツ大佐って一応、ラスボスみたいな感じだからそこはちょっと嬉しかったんだけど

この人ってある意味、精神異常者じゃんw

だからか?!



逃亡生活。
この記事はブロとものみ閲覧できます

小物っぷりを発揮してきた。
この記事はブロとものみ閲覧できます

#
この記事はブロとものみ閲覧できます



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。